フコイダンについて

モズクフコイダンという成分が関心を持たれています。こちらは褐藻類に含まれている成分です。モズクやコンブ、ウミトラノオといったものに含まれています。海藻のネバネバ成分であるといわれることが多いです。

こちらはスウェーデンの研究者によって1913年に発見されました。そして、1970年代以降になると活発に研究されるようになりました。日本でも研究は進められており、健康食品としても活用されています。

フコダインにはさまざまな効能があるとされているのです。ただし、それらはきちんとした臨床研究のデータのない俗説も多く含まれています。まだまだ研究途上の成分であり、分からないことがたくさんあるのです。そのため、これからの研究に期待されています。

海外で活発に研究が進められているのが特徴であり、日本で注目されるようになったのは最近のことです。大学のような研究機関だけではなくて、一般企業の研究機関でも研究が行われています。たとえば、低分子と高分子のものがあり、これに関する論争もたくさんあるのです。フコダインにいろいろなものを加えるという研究も実施されています。

これからもさまざまな種類の研究が行われるでしょう。これからの研究成果が期待されています。